マカロンの気になるいろいろ

マカロンが気になるいろいろなもの、ことをいろいろ書きつづってます。よろしかったらどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ理系の秀才はみな医学部に行くのか? ―標準的ファイナンス理論からの考察を読んで。
---

医者の給料を下げる、ですか…

どうなんでしょう?
私は給料を下げられた医者に診察してもらう勇気がないです…

医者は結構3K的な職業で、昼も夜もないようなきつい勤務だと思います。
しかも人の命を預かり、失敗したら犯罪になることも…
これだけのリスクを背負って、なおかつ給料も安いのでは、なりたい人も減ってしまい、これ以上の医者不足になってしまうかもしれません。

理想としては、医者の「治療した人ランキング」みたいなのが見られると嬉しいかもしれません。
もちろん、たくさん治療してたくさんの命を救ってきた人に診てもらうのはそれなりの費用がかかるし、そこそこの人はそこそこの、新人は格安!みたいな。
そうすれば医者も必死になって実績を上げるだろうし、新人からこつこつ積み上げてきた実績がお金に反映されるので、やる気も出るだろう、みたいな。

ただ、この「実績」を公平に評価する機関が必要で、そういうところがお金で動いてしまったりすると結局元の木阿弥みたいな気がします。

モーニングスターみたいな医師評価制度みたいなのがあるといいんですけどねぇ…

ではでは

医者になる前に読む本

Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。